アパート経営の為の資金を確保する際のポイント

アパートを経営の費用を調達する為のポイント

アパート経営を開始したいと考えても、一番最初に必須条件として数千万円の資金が欠かすことはできません。数万円でもスタートすることができる金融商品などに対しての投資と照らし合わせると、考えられる通り桁違いの額になります。しかしながら、こうした資金額のハードルの高さによってアパート経営へと加わる投資家があまり多くないからこそ、投資妙味が存在すると言ってもいいでしょう。そのうえで、こうした投資は、いわゆるレバレッジ効果が期待できます。金融機関サイドからの借り入れ金をもとに、投資リターンを生じさせることです。アパート経営の実質的な利回りが、借り入れ金利の率をオーバーすることを通して、実益が生み出せます。そうかと言って、金融機関サイドより借りることができるだけ融資してもらった方が良いかといわれると、そんなことはありません。借金が膨れ上がると経営そのものが不安定になってしまい、多種多様なトラブルを起こす危険性もあります。

適正な計画を立てて実行することが重要です

当たり前ですが、借り入れ額が一段と大きくなると月毎の返済額も拡がっていきます。要するに、借り入れ額が過多になると、たかだか1室、あるいは2室の空室が出たのみで、いきなり赤字が引き起こされてしまうリスクがあります。オーソドックスな空室率につきましては、30%くらいと言われることから、満室時の70パーセントまで住居の家賃収入が低下しても赤字が生じないように、借り入れ額を抑制することが重要なポイントです。更に、ローン返済そのものが非常に大きいと手持ちの現金が少なくなることから、修理、あるいはメンテナンスに対して費用を回せなくなり気味です。こうした結果、建物、あるいは共用部の状態が悪くて入居者のクオリティーが酷くなって、入居率であるとか家賃額を下げる負のスパイラルに巻き込まれるリスクがあります。以上のような点からも、度を越した借り入れは回避して規則正しいキャッシュフローが期待できる計画を立てることが大事です。

金融機関による融資に関する基礎知識

貸し付けるサイドの金融機関に関してもアパート経営でミスされては困ることから、融資にあたってシビアな審査を実施します。表現を違えれば金融機関が融資する範囲内で資金計画を作るだけで、失敗に終わるリスクは小さいことになります。金融機関につきましては、原価法、収益還元法さらに取引事例比較法など、本格的なアプローチでアパートの価値を見積もり、融資額を決めます。融資規模につきましては、物件の額面の6から7割が通例です。そうなると、3から4割の自己資金を準備する必要性があります。

記事一覧