アパート経営での自己資金と経営計画の重要性

アパート経営を始めようと考えた時に気を付ける数字

経営者と目指す場合、いろいろな事業が考えられますが、中でもよく聞くのは不動産事業。例えば先祖からの土地を有効活用するとか、相続税対策といった形でのアパート経営は身の回りでおこなっておられる方も居る形だと思います。最近ではサラリーマンの方でも株式投資の一つとしてアパートやマンションの経営を行っている方もおられると聞きます。アパートやマンションなどの不動産事業は大きな資金が必要であるというイメージがあると思いますが、もちろんすべて現金で準備せずとも借入で始めることもできるわけです。しかしながら、ポイントとして気を付ける必要があるポイントがあります。全体の予算に対して頭金を何パーセント準備することができるのかというものです。

自己資金と返済計画と時間としてとらえる

初心者がアパート経営をする上で、実現の可能性が多いか少ないのかを決めるのは自己資金です。借金で始める場合には、どうしても銀行の融資が必要となり、実現の可能性の大半が銀行の融資が下りるかどうかにかかってきます。全額準備できれば、銀行の顔色を窺わずとも始められるわけで、自分の判断で決定することができます。逆に経営を始めるのであれば原則的には、できるだけ早く始めることができればいいです。しかし、家庭の事情やアパートを建設する場所が大学ができるとか、大きな会社が進出するなどのチャンスがあるという場合には、そのタイミングに合わせてのほうが良いわけです。お金がたまってから始めようとした場合では、スタートに数十年もかかる場合もあるわけですが、融資を受けて行えば返済を早くすることができれば、当然早いタイミングで事業を始めることができます。2棟目3棟目と拡大することができる場合もあるわけです。事業経営はいつでもチャンスがあるわけではありません、借り手が居なくなってから、アパート経営を始めてもどうしようもありません。その時に重要になるのは経営計画書です。どのような計画を立てて経営を行うのかを考える必要があります。クレジットカードのコマーシャルでもご利用は計画的にとよく言っていますが、実際にクレジットカードを借りるときに計画している人はどれだけいるでしょうか。実は、経営をする場合にはお金に余裕があっても、銀行融資を受けるようにするべきです。それは、経営計画を第三者に冷静に判断してもらえますし、その経営をする上での情報を持ってきてもらえる場合もあります。自己資金を準備し好きに経営することも大事ですが、銀行を活用し経営をすることで、時間を短縮し協力者を得ることができるという側面もあります

計画の重要性と不確定要素の準備について

経営における計画が重要であり、いろいろな想定をすることで事業を成功へ導くわけですが、いろいろなトラブルがおこることが想定できます。それにどの程度対応できるか、見えない部分にどのように準備ができるのかというのが一番の問題です。アパートの場合は空き部屋になることが最も大きなリスクとなります。ほかにも、火災や居住者によるトラブル、自然災害など不確定要素は枚挙にいとまがありませんが、それをどの程度予見し、準備をできるかが重要です

記事一覧