少ない資金で可能なアパート経営のメリット

安定感がある現金収入が期待できます

アパート経営においては、長い期間一カ月ごとに、現金を踏まえての住居の家賃収益を上げられます。管理に関する業務は管理会社に委託することができますので、副業に望ましいと言えます。雇用不安、あるいは将来に向けた年金収入に不安感のある会社員にとって、給与以外に景気にも左右されない副収入を手にできる点が魅力になります。それに加えて、公的年金を利用することによって生活していらっしゃる方には、住居の家賃収入が私的年金代わりにもなりますので、老後の余裕ある日々の生活に役立てられます。

少ない額の自己資金によって投資が出来ます

手持ちの資金が少ない場合でも、アパートローンを利用することによって金融機関サイドから融資を受けることになれば、その資金でアパート経営はできます。株、あるいはFXなどの金融商品に対しての投資につきましては、金融機関は融資を行なってくれませんが、アパートの経営に貸してくれる金融機関はいくつも存在します。低い金利が継続する現在は、ローン返済によっての利払い負担が緩和されています。アパートローンで注意しなければいけない点は、どれほど借りられるかより、どれほどなら返していけるかということです。アパートローンの金利の水準は変動型ということが基本ですので、将来に向けた金利上昇も想定して、ゆとりのある資金計画を立てることが重要になります。そして、アパートローンにつきましては団体信用生命保険付きアパートローンが存在します。団体信用生命保険は所持者に万一の事が起こったあった場合、残債が保険によって返されるシステムです。言ってみれば生命保険代わりなので、ファミリーも安心することができます。

税金対策に効果的というメリット

アパート経営に因る税金に備える為のメリットは、異なる土地活用と比較してアドバンテージになります。まず、固定資産税が軽減されます。土地に建物が一切無い更地、あるいは駐車場では軽減措置はないですが、アパートを建築すると土地税額が6分の1に緩められます。加えて、市区町村によりましては都市計画税も軽くなります。都市圏といった地価の非常に高い所でアパートを経営すると、節税効果を大きく受けられます。また、相続税においての軽減措置があります。アパートのケースでは、建物で3割、土地で2割前後の評価減となりまして、節税対策に結びつきます。ほかの税務メリットとしまして不動産ではない投資とは異なって、管理費、あるいは修繕費などが経費計上することができます。

記事一覧