長期的な収入により安定した生活が実現できます

アパート経営といった賃貸経営においては多くのメリットが存在します。さしあたってこうしたメリットを頭に入れて、運営管理に踏み切れるか否か、決めましょう。メリットとしまして、まず長期収入があげられます。賃貸経営につきましては、大家という形で秩序のあるマネジメントができれば、月に一度安定感がある住居の家賃収入を長期に渡り得られます。私的年金という形で、老後の生活資金の調達を目的にアパート経営を有効に活用する人も珍しくありません。

生命保険代わりに活用することができます

また、アパート経営は、生命保険の代役にもなります。不動産に関しましては、いざという場合に資産という形でファミリーに残ります。アパートなどの住宅のためのローン契約時に団体信用生命保険に加わることで、仮に、契約者が死亡、あるいは高度障害状態になった場合、ローンが保険を利用することによって払われるメカニズムとなっています。保険会社がローン残高を払うので、ファミリーに対してローンが残存しません。遺族に関しては賃貸を継続していく場合住居の家賃収入を得ることができ、譲渡した場合にはその資金が得られます。以上のように未来に向けた安心を加味し、生命保険の視点から経営を採用する人も多いです。

経済環境に強く初期費用や税金面で有利です

そして、経済環境の変動に力を発揮する点がメリットです。物価が引き上がると、貨幣価値がダウンしますが、不動産につきましては、以上のようなインフレーションにしたがって価値が動く現物資産です。変動に力を発揮する不動産を有することは、インフレーション対策として効果的であると言えるでしょう。また、手を煩わせることなくスタートすることができる点も評価できます。アパートなどは、一般的に考えて金融機関の融資を受け、買うことができることから、大きい金額の現金を下準備することが必要なく、初期投資額が少ない場合でもスタートすることができるメリットがあります。入手後は賃貸オーナー自らが住居の家賃収入よりローン返ができることから、入手後も小さな資金で運営していけるというアドバンテージがあります。さらに、節税に効果的な対策として役立ちます。賃貸住宅のケースでは、駐車場、あるいは遊休地といった非住宅用地を有している場合とくらべ、固定資産税そのものが1/6、都市計画税が1戸、200平方メートルに至るまで1/3になる等、税金自体が軽減されます。アパートが建てられている場合は、相続税に関しても減ります。

記事一覧